痴漢行為を再開した

乳首のまわりを どこかでノック音がし、声がしたがドからのぼってくる川音にまじって隣室のように聞こえた。なれなれしく雄三の足をつついているところを見られたのではないかと、紀代子は春子の顔を見た。春子は表情を変えず、座卓に西 …

Continue reading "痴漢行為を再開した"