オナニー膣を自分で締めることで

お尻はスムーズで触るにはしっかり硬かった わざとゆっくり飾磨の目の前を歩いたが、飾磨を気づかなかった。飾磨さんですか。と紀代子が声をかけると、飾磨はほほうという顔をして立ち上がった。きれいになって見違えたよ。なにしろあん …

Continue reading "オナニー膣を自分で締めることで"