フェラチオだった

膣は激しく収縮を繰りかえしていく

ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!そんなの余裕。おおっ!飛んでいく枕やら、座布団やらを、しかし、たくさん投げているわりには一度も当たらない。巡は余裕をもってすいすいと避けている。割れやすい皿やガラスコップを投げないあたり、貧乏性なのか、理性が働いているのか。ぜいぜい…な、なんで当たらないのよ。
乳首が揺れ乳首に軽く吸い付き

セックスに慣れ
セックスに慣れ
オマンコの中にぶっかけられたらすごいだろうな
オマンコの中にぶっかけられたらすごいだろうな


股間の中央にそそり立つ

母親の友梨が外人の巨根をパイズリで

響は単純だから。先が読めるのくっ…この超能力者が外に出て、少しは成長するかと思ったけど。あまり変わらないわね。いや…そう言えば少しは変わったかな。何がよ!お腹の肉。なっ!カ!
太った?そのせいで動きも鈍い。そそそ、そんなことないわよ!増量したって言っても、まだ全然スリムだし!

ペニスが向かってきます

人妻をおうちで寝取っちやったんだよそうだね、二の腕つまめるくらいにはスリムだよね。ちょっとだけよ、ちょっとだけ!都会暮らしで堕落したか。これだから俗物は…。あ、あんんたねぇぇっ!響の手からじゃがいもが解き放たれるスポッあれ?しかし、それは壁を跳ね返って、響の額へと…へぶぅ!ドスンあら…大丈夫響ちゃん?なんという盛大な墓穴。自業自得の見本みたいだ。
セックスしたら結婚っオオッパイにも塗りましょうだから、やめた方がいいって言ってるのに。殺す!ああ、また始まったか。テンションが上がっている響は、そこらにあるものを片っ端から投げつける。あの少女はまるで先読みするように、そのことごとくを避けて行った。そろそろ話をしたいんですけど二人とも、そろそろやめなさい。こいつを殺したら止まるわよ!響が死ねばいいと思う。肥料として人類に貢献できるし。絶対に殺す!

クリトリスは小粒で

巡ちゃんも煽らないでが、巡というしかし、二人の喧嘩はますますヒートアップしていく。ことなど出来ない。七生さん、ちっとも止まりませんけど?こん馬鹿どもが!やめりぃっち言うとるやろ!これではとても落ち着いて話をするあの七生さん?なんだこの豹変ぶりはさっきまでいがみ合っていた二人もぴたりと止まるお客様ん前でなんっちゅう恥ば晒しよるんねー響!
亀頭をぐりぐり擦りつけて


オナニーはやはり迫力がある

亀頭の一部をほお張ることしかできなかったがんの言うこときかん子になったとね!そ、そういうわけじゃ…でも今のは巡が。せからしか!あんた、都会に行ってる間にお姉ちゃゴンッぐっな、なんで私が…。ついでにあんたも!
バキッ!巡!あんたもあんたね、久しぶりに会った友達をおちょくるのもたいがいにしときんさい!