お尻がくねるたびに

セックスは至ってノーマルだったのSMっぽい願

肉棒は飛沫を蹴立てつつ猛然と驀進し
それは正也が一旦、カメラを降ろ涼子が投げた正也に視線を移すと、彼は屈託のない笑顔で大丈夫だよ。と口パクをして何度も頷いていた。そして、床に置いたビデオカメラを持ち直し、浩平へOKの合図を送った。涼子は再び浩平に視線を戻し、彼の行動に注目する浩平は数本の赤いロープを手にして、上手にばらしながら近づいてきた。の右側、伸ばしている右手のそばに来て大人しくしていてね。
オナニーしうんうんと頷いた

股間に顔を伏せて
優しげだが浩平の声はやはり冷たい。うん。涼子涼子はいまうん。と返事をした。ではなく自然にその言い方になってしまった。浩平は右手首に三回巻き付けた後、手早く特殊な方法でロープを結んだ。に締め付け感がない。けれども容易には外れそうもない縛り方だ。手首そのロープは2mほどの長さがあった。浩平は自由な片端を握ってベッドヘッドの方へ移動し跪いた。

クリトリスを弾いたのだ

浩平の手元が涼子の視界から外れてしまう。涼子は縛られた腕をいきなり引き上げられた大丈夫だよ。痛くないでしょ?ええ。浩平の手にはあと三本、ロープがある次に涼子の右足首を同じように結び。その端をベッドの下手の脚へ引いて縛った。浩平は涼子の左側へ廻り。涼子の左の手首と足首も全く同じにした。これで涼子の四肢はすべて縛られた。
オナニー膣を自分で締めることで

女子高生なんだな

一つ一つが全く違う方向へ引かれている。最後に浩平は一本一本の緩みを確かめ、ギリギリまで引き締めた。涼子は膝頭だけを内側に傾けることは出来るが、それ以外の動きは封じ込められてしまった。どう、辛い?そんなことはないよね?ええ。唯一自由な首を傾げ。浩平の目をジッと見つめて、涼子は応えた。確かに痛みはない。しかし、涼子ははじめての経験だった。

セックスで乳首をツンと1つ

AV女優になると決めたからには、いずれSMっぽいプレイもあるのだろう。それは覚悟していた。だが事前に相談があって、承諾してから始めるのだろうと思っていた。涼子の上を、また何かが飛んでいった。正也が投げたようだ。を向けると、正也はビデオカメラを担ぎながら左手だけを離し、を出して微笑んだ。涼子が正也へ顔指でOKサイン
肉棒が愛香の顔面にぺたっと当たった

ペニスは平均的な

最後にこれを着けるね。その声は浩平だ。見ると彼は黒いタオルのようなものを右手に持っていた。正也が投げたものだろう。それを浩平が両手で広げると、幅が広く厚みがあるアイマスクだった。バンド部分はゴムではなくてマジックテープでガッチリ固定できるタイプだ。涼子が返事に戸惑っていると。どうしたの?うん、って言わなきゃね。選択肢はなかった。

    1. 亀頭へまぶすと
    1. 美少女に対するこれまでの思いを
    1. 挿入された拇をいとおしげにしゃぶって見せほす