挿入の深さの点でも満ち足りた気分を味わうこと

ペニスの先端から

下着を下ろしにかかった
どれ、おまんこ。って言ってみないか。えぇっ、やだあ。真理亜さんは抵抗を示した。そんなはしたない言葉、言えませんよ。ちゃんと言わないとこの後、今から可愛がってやらないぜ。ほらほら、言ってみろってば。えぇっ、そんなぁ。渋る様子を見せつつも真理亜さんは、小さな声で口にする。おまんこ、ですかぁ。ほうら、言えたじゃないか。
セックスをすることによって

膣にペニスが
そう言いながらマモル氏は真理亜さんの手をつかみ、それを自分の股間の所へと持っていった。そしてバスローブの上から真理亜さんの手を、自分の股間に押しつける。そのお前さんのおまんこに後で、この俺様の固くなったこいつをぶち込んでやるからな。さあ、じゃあ次は俺様の硬くてでかいこいつの呼び名を言ってごらん。上品ぶった言い方じゃなく、普通に広く使われている呼び方を言うんだぜ。ええ~っ、なにそれ。

子宮に届けとばかりに

小首をかしげる仕草を見せて、真理亜さんは言った。男根だとか陰茎だとかじゃなくて、ペニスって言えばいいのかな。まだ、上品ぶる悪い癖が抜けないとみえるな。もっとくだけて、ちんぽこ。だとかおちんちん。などと言わなくちゃいかんよ。えぇと、おちんちん。
子宮口にぶつけると

オナニーに他ならないのだが

あいかわらず恥ずかしそうな顔つきではあるものの、かなり素直になった真理亜さんが口にする。そんな彼らのやりとりを見て、真朝が言った。そういえば真理亜さんって少し、マゾっぽい部分があるのよね。体を縛られたり痛い思いをさせられるのを喜ぶ、本物のマゾじゃないんだけどさ。相手の男の人に偉そうな態度をとられて、それに従うのを嬉しく感じる気持ちがあるらしくって。

熟女の顔は大輪の花-芙蓉とか風呂に入るためだ

そのせいもあって、いかにも自信がありそうで偉ぶっている男の人が好きだったりするんじゃないのかな。こないだも言ったように私は、そういう気持ちってちょっと賛成できない気がするんだけど。ああいう恥ずかしい言葉を言わされると、いたぶられているような気持ちになるんでしょうかね。私は思わず、首をひねってしまう。でもってマゾっ気のある人にとっては、そいつがむしろ快感なのかな。
尻朶を叩く手に力が込められていく

エッチな奥さん

私たち女性はセックスにまつわる恥ずかしい言葉を口にすることに対して、男の人たちよりも大きな抵抗感があるからさ。あえてそれを口に出すことで、世の中から与えられている戒めを破る解放感もあるんじゃないのかな。真朝も首をひねりつつ、分析してみせる。今だけは社会の掟なんかより本能的な性欲の方に従うぞ、という宣言みたいな意味あいもあるのでしょうし。わざと子供っぽい言葉づかいをしてみせることで、気持ちが素直になる効果もあるでしょうしね。

    1. 肉棒の根元を握って
    1. クリトリスをコリコリとしてしまうと
    1. フェラチオを