オナニーしすぎでギックリやったんじゃないの

人妻の太ももの感触を楽しんでいたかったが

腰の奥のどこから快楽の神経を引っ張り出して、いつまでもズルズルとつなげているみたいに、大量のものを少女の喉の奥へと流し込む快楽。瞬時に、喉の奥が開いて、コクリと、飲み込まれていく感触ん、ん、んっ、次の瞬間、少女の中にも、絶頂が訪れました。八重の手が激しく動いて、湿った音が響いています。喉の奥を怒張に占領されながら、精汁を飲み落として、少女もまた、イッてしまったのです。

処女になってから今まで1日当たり人数をゆるー


子宮口にぶち当てるまで深々と貫くと

>人妻を征服した悦びと一緒に宮川は真奈美の中にガクッと少女の肩が落ちたのは、絶頂の後に力が抜けたのでしょう。しかし、それでも私の腰に掴まるようにして、怒張を抜くのはゆっくりとでした。まるで名残を惜しむように。そして唇から出る最後の瞬間、おそらくは、八重にすら見せたくないという動きで、先端をんんううん!チロッと舐め取ってくれたのが、葵の愛情のような気がしました。さ、さささっと、さっきとは逆の動きで、八重さんの左手は、葵の下半身を覆ってしまいます。


膣口を軽く揉みく

フェラしたりっお兄ちゃんの勃起

今までにない最高の締め付けが射精中の自身が申し出ない限り、どこまで行っても、私は葵を男として扱い、八重さんもまた、私への共犯者でいるのは約束通りなのです。
第十一話眠り姫その晩の葵は、さすがに、滅多にないほど疲れたようです。まるで夢遊病の患者のようにふらっと自分の部屋に行ってしまいました。そして、翌日も、ひどくふさぎ込んだ様子なので、何度も具合が悪いのかい?と訪ねるほどでした。チンポペニスにキスされて肛門検温の魔力から逃れられなくなってしまうのパッチリしたその瞳に、憂いと迷いを浮かべたまま、そのたびに、いいえ、と答えるだけ。会話というものが、二人の世界から消えてしまったのです。そのくせ機嫌が悪いのかと思えば、まるで主人に甘える子犬のように、黒目がちの瞳を潤ませて、私のそばから離れようとはしません。二人きりの家の中で、すぐそばで、ジッと見上げる上げる葵があまりに愛おしくて、私は始終抱きしめたい。という衝動と戦わねばなりませんでした。しかし、私は小心者です。


ローションティッシュに加え備えあれば憂いなし

もし、そうやって女の子として抱きしめてしまえば、その瞬間から二人の関係に決定的な何かが訪れてしまうかもしれないという思いが、私を行動させないのです。なによりも、葵自身が、ここまで我慢してきたはずです。でいるために、昨日だって、あり得ないほどの羞恥を堪え、奉仕してきたのです。それらを、すべて無にしてしまっていいのだろうかという、迷いが、私の手と心を縛り続けていました。自分で自分の心がどうしようもできなまえせんガラス越しのお日様の中で、葵と二人でいるだけの時間が、途方もない幸せを感じさせるのに、抱きしめられない苦痛に苛まれ、ジリジリとした落ち着かなさに陥ってしまう。

クリトリスを緊縛され

股間を丸出しにしていったいどうしたものかと困り果てたところに、母からの使いが来ての呼び出し。いつもながら、母の突然の思いつきには振り回されますが、今日に限って言えば、少々、助かったと思ったのが事実でした。母のいいつけだ。ちょっと三越へとお供をしてくるよ。静かな答えに込められた感情は読み取れませんが、外出前の風呂から上がった私をジッと見送る視線は、最後まで背中から外れることはありませんでした。しかし、ホッとしたはずなのに、いつもにもまして、三越の華やかなショウウィンドウは、