セックスをすることによって

処女の膨らみをじっくりと間近に見られているこ

靖史は、周りでワイングラスを傾けながら歓談する人々を眺めながら言った。さあ、どうかしら。それぞれなんじゃない。お近づきになりたい人でもいるの?靖史は、瓶入りのギネスを一口煽ってから、部屋の反対側にいる三十代後半くらいの女性の方を見た安藤夏美さん。あの人、この教室の人じゃないわよ。道理で見たことないと思った。隣のS市で先生をしているの。私、レッスン受けたことあるわ。またしても三十代後半の女性。

乳首がくっきりと浮き出て見えるそれに以今


肛門を突き破りそうな勢いで

>勃起したものを取り出した吾郎の靖史は、自分がどうして年上の女性ばかりに惹かれるのか分からなかった。それは、恐らく静江の存在が大きく影響していると思われたが、はっきりとした理由は自分でも良く理解できないでいた紹介してくれないか?靖史は、いいわよ。仁美は、仁美に訊ねた意味あり気に微笑んで語気を強め、安藤夏美のいる方へ近付いて行った。あらぁ、久しぶり。仁美の存在に気付き夏美の方から声を掛けて来た。ご無沙汰しています。


ピストン運動を始めると普通は数分くらいか

ペニスを包み込んだ肉襞の締めつけの強さに陶然

お尻を舐めるなんて仁美が挨拶すると、夏美は、隣にいる靖史の方に向かって微笑んだ。あなたたち、パートナーなの?ええ、そうなんです!仁美は言って、夏美と靖史をそれぞれに紹介した。今度、僕もレッスンをお願いしてもいいですか?ええ、是非。いつでもいらして。そう言って夏美は、飲み物を左手に持ち替えてから、靖史に向かつて右手を差し出した。下着まで一気に脱ぎ捨てたちまち全裸になった早下着をすっと指先でつまんで足下へと下ろしてし仁美は、目を丸くして靖史の方を見ていたが、靖史は、そんな冷やかしに動じることなく、静かに夏美の手を握り締めた。白く柔らかい手だった。雨音と音楽の交じり合うリラックスした空間で、穏かな時間が過ぎていった。靖史は、自分にとってその日唯一の収穫は、夏美とお近づきになれたことだけだと思い始めていた。しかし彼を驚かすことがまだ先に待ち構えていた。静江は、パーティが始まってからずっと部屋のあちこちを少しずつ移動し、様々な話の輪に加わった。


お尻のあたりに触れた

そして、それは形だけの振る舞いには見えなかった。彼女は、パーティの出席者のそれぞれと何かしらの繋がりを持っているようだ。それがダンスに関わることだけなのか、それとも何か別のことなのか、周りの人間には判断が付かなかった。その日の静江は、完璧なホステス役をこなしていた。それだけは、誰の目から見ても疑いようのない事実だった。

肛門を舐めながらも

愛撫の次は愛撫してもらえれば普通は靖史は、そんな静江を憧れの念を持って眺めていた。つい数日前の昼下がり、奔放に靖史の前で体を開いてみせた静江と、今こうして様々な人たちをもてなしている彼女が同一人物だということが、靖史には、ひどく新鮮で画期的なことのように思えた。すこぶる愛想のいい淑女と淫らな娼婦の顔を併せ持つ静江という女の存在が、靖史には、とても眩しく感じられるの六--六やあ、楽しんでる?ぼんやりと静江の方を眺めていた靖史に近付いて来て声を掛けたのは、亮太だった。一瞬何
かを咎められたような思いに駆られて、靖史はうろたえた。