オナニーしうんうんと頷いた

そうして再び亀頭が

本来なら席を蹴って逃げるところなのだろうが、理名は微動だにしない。あまりのショックで、思考能力が麻痺してしまったのだろ5だが理名が席を立たないその理由は、ぐに理解できた。カメラのレンズが圭佑一人に向けられていたことで、すな、なんで僕だけ?圭佑が泣きそうな顔を見せたとき、ていた。すでにその周りはナオミ、エリカ、ユキナによって囲まれあら、ガチガチになっちゃつて。緊張しているのかしら?

クリトリスを見つけるのも簡単だった


クンニなど初めてだったので

>亀頭を咥えたあそこもガチガチになってるんじゃない?圭佑君の勃起したおチンチン、見たいわぁ。ナオミたちは肩や太股に手を添え、吐息混じりの甘い息を耳元に吹きかけてくる。なんで僕の名前を知ってるんだよぉ。しかも本名を言うなんて!圭佑は女優陣の問いかけに何一つ答えることができず、ただ黙って顔を俯けるばかりだった。顔がカッと熱くなり、額から脂汗がドッと噴き出してくる。


ピストン抽送法は女性の

セックスレスの防ぎ方まずは

尻を打て男が好きで好きで堪らない嫌らしい尻だねえ、この会社のルールをもっと教えてほしい?
なんとか否定の言葉を放つと、ナオミたちはクスクスと笑い、さらに淫靡なセリフを次々と投おチンチン、しごいてほしいんじゃない?ううん。お口で、たっぷりとしゃぶってほしいんだよね?それとも、お姉さんたちのおマ○コを見たいのかな?オナニー膣を自分で締めることでペニスを出した圭佑のペニスは、もはや暴発寸前だった。淫語だけに留まらず、フローラルな香水の香りに混じり、それが圭佑の理性を、徐々に崩壊させていった。強烈なフェロモン臭が漂ってくる。圭佑君は童貞なんだし、まずは見せてあげたら?ああ!僕が童貞だということまで知ってる!


肛門を巨大な

細長いユキナの指が、顎から首筋をツツツと這い回る。それだけで圭佑はうっ!という小さな呻き声をあげるのだが、微かに残る理性で、なんとか右方向に視線を走らせた。理名はやや眉を吊り上げ、唇を真一文字に結びながら圭佑をじっと見つめていたが、視線が合うとすぐさま顔を逸らし、我関せずといった態度でパッケージ写真をDVDケースに入れはじめたああ。理名さん、怒ってる!間違いなく怒ってるよぉ。いくら仕事のことだと理屈ではわかっていても、相手は純粋な乙女だけに、これ以上の醜態を晒せば、信用を失くすことは必然である。圭佑は助けを求めるべく、今度は左方向に首を振っだが亜衣は無表情のまま、ただカメラを回すのみ。

乳首をはじき

調教されてしまった真帆はらの非難を受けることは必至だろう。強硬な拒否という態度を見せれば、彼女か社長!なんとかやめさせてください!最後の頼みの綱である夏希に視線を送った圭佑は、眼前に広がる光景を見てギョッとした。真理子は事務机の上に腰掛けながら、一人の男優のペニスをフェラし、他の二人の男優のペニスを両手でしごき立てている。夏希はこちら側に背中を向け、そのシーンの撮影に夢中になっている最中だった。今の圭佑は、まさに四面楚歌。